わたしらしくがちょうどいい。
FacebookInsta
BLOG
メゾンデザインひとり

ヘリンボーン(herringbone)

2018.08.07 Tue

ヘリンボーンとは・・・

へリン(herring)=ニシン。ボーン(bone)=骨。

この名称は開きにしたにしんの骨に似ていることから名づけられている。

日本では杉綾(すぎあや)と呼ぶ。杉の葉を並べたような形から。

 

ヘリンボーン模様は昔からスーツの生地模様(毛織物)によく使われていて、最近では建築の内装模様によく使われていています。そのほかにもテーブルの天板模様にも使われています。

昔からある模様ですが、リビングの壁に使ったり洗面脱衣室の床やトイレの床に使うことでレトロな感覚もありつつ現代風に感じることができます。ぜひ建築されるときにヘリンボーンの模様をワンポイントで取り入れてみてください。きっと飽きのこないデザインを実感いただけると思います。

 

 

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ

アーカイブ