わたしらしくがちょうどいい。
FacebookInsta
BLOG
HOUSING REPORT

宮大工の棟梁

2017.02.18 Sat

先日のテレビで宮大工の棟梁が話していました。

樹齢300年の木を使うからには、300年耐えられるような立派な建物を作らなければならないと。あのひとはきっと生涯、仕事と十分に向き合ってきたんだと思います。

カンナをかけて素晴らしい建物を作るだけではなく心にもカンナをかけて素晴らしい人間性を作っていきたいと思います。この方は70代の方ですが素直な心で一生懸命打ちこんできた軌跡がみえました。

我社では新築住宅はやっぱり木造がいいと推奨しています。そして断熱材はセルローズファイバーにすると無結露20年保証がついています。ずっと安心して長持ちする家をこれからも提案し続けていきます。

 

カレンダー
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ

アーカイブ