もし、地震が起きたら、あなたの住まいは大丈夫?!耐震リフォームで、安心・安全な地震に強い住まいへ。

大きな地震では、住まいが大きな凶器になりかねません。 震災で亡くなった方の多くが、家屋の崩壊による圧死です。 いつ起こるか分からない地震に備えた、 家族の命を守る住まいへ、耐震補強を行う必要があります。 当社では、ご家族の住まいの構造をしっかりと把握し、 現在の住まいの状態と住まいの寿命を考慮しながら、 確かな耐震リフォームをご提案いたします。

次の様な住まいに耐震リフォームをお薦めします。

  • 老朽化した住まいとは、決して築年数が古いということではなく、土台や柱などの腐り、シロアリ被害、雨漏りなどにより、建物が痛んで強度に不安がある状態です。
  • 建物は1階と2階の外壁線が揃っていれば安定します。1階の広い住宅は安定感があるように見えますが、2階の外壁の下に壁がないと建物に負担がかかります。
  • 1階が店舗や車庫、大きな窓などの住まいは注意が必要です。壁がないと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが崩壊といった危険性があります。
  • 1階より2階部分が飛び出している建物や、2階部分を1階の柱だけで支えるビロティー状の建物おことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。
  • 軟弱な地盤は日本中にあります。軟弱地盤は揺れが大きくなり、倒壊する恐れがありますので、壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。
  • 1981年6月に耐震基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で1981年以降に建てられた住まいの危害は少なかったことが報告されています。

様々な耐震補強で、住まいを強くたくましく。

耐震補強には、主に次の方法があり、他にも様々な方法があります。住まいの状態に合わせたご提案をいたします。

基礎の補強

20年前までの家は、無筋コンクリートの基礎が多く、 現在の鉄筋を入れた布基礎やベタ基礎と比較すると強度不足です。 コンクリートで基礎を一体化したり、コンクリートを増し打ちします。

痛んだ部材の交換

湿気やシロアリによって柱や土台、梁などが腐朽した場合は、 その部分を取り替えます。土台には、防蟻処理した木材を使います。

足下補強

柱が引き抜けないように金物を取り付けて、柱を土台にしっかり固定し、 足元部分を強固にします。また土台と基礎を留めるアンカーボルトで固定します。

壁の補強

柱と横架材の接合部に金物を取り付け、ブレースをかけます。 また、筋かいをたすき状にかけて、接合部は金物を使い補強し、 構造用合板でより強固な壁にする方法もあります。

接合部補強

古い家の場合、接合部に金物が使われていない場合も多く、 木材の抜けを防ぐために、強度不足の接合部を金物で補強します。

床面の補強

床面の補強は壁の補強と同じように、横架材の接合部に金物を取り付け、 ブレースをかけます。

屋根材の取り替え

重い屋根材はそれを支える耐力が必要で、建物に負担がかかります。 軽量で丈夫な屋根に取り替えることで、耐震性が高まります。

当社では、無料で耐震の診断を行っています。
耐震リフォーム・耐震診断をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

これまでの実例

お客様の声

セルローズファイバー施工

大規模改修中古住宅リフォーム

水廻りリフォーム屋根外壁リフォーム

断熱リフォーム耐震リフォーム

太陽光発電